島村楽器 新所沢パルコ店 シマブロ

島村楽器 新所沢パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

埼玉に工房を構える、クラシックギター製作工房にお邪魔してきました!~西野春平ギター工房編~

f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111200915j:plain
こんにちは!島村楽器新所沢パルコ店、クラシックギター担当の佐藤です!
今回は、埼玉県に工房を構える製作家さんの工房にお邪魔し、製作の様子こだわりを調査してまいりましたっ( `ー´)ノ


まず最初に訪れたのは、西武狭山線下山口駅」を最寄りに工房を構える西野春平さんの工房に潜入しました!
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103171841j:plain
※画像Wikipediaより

 製作家プロフィール「西野春平」
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103171237j:plain
日本の伝統とヨーロッパの技術を高いレベルで融合させた実力派
1947年 茨城県 日立市生まれ
1965年 ギター製作を開始。
1969年 所沢に工房を構え、独立。
以来三十数年にわたって手工ギター製作を続けている。
渡辺香津美、田部井辰雄などのトップギタリストに使用されるなど、西野ギターの評価は高い。
芯の有る引き締まった音色は、ジャズやボサノバのプレイヤーにも人気。
ハウザー1世を基本に、30数年地道に製作を続けている日本を代表するギター製作家。

工房兼ご自宅に到着しました!
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103174516j:plain


「こんにちはー!」ご挨拶をしてお邪魔をすると・・・
ちょうど作業中でした!塗装前の最終調整をされていたようです!
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103173930j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103174707j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111153144j:plain

凄まじいスピードで質の高いギターを作り上げることで評判の西野さん。
貴重なお時間を頂き工房内の案内をしてくださいました!

まずはギターの命、「材」の保管場所をご案内頂きました!
ここでは、ある程度加工がされた木材の「シーズニング」という水分を抜くため自然乾燥が行われています。
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103175544j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103175731j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103180003j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103183028j:plain

シーズニング歴18年目のベテラン選手も・・・
じっくりと木材の水分を飛ばし、一本一本違った個性を持つ木材の経年変化を見極めることで、より良いギターが作り出されます。
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161103181540j:plain


続いては・・・メイン作業場!

ここでは木材の成型、乾燥を主に行っているそうです。
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111135024j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111135032j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111135401j:plain



加工途中の木材を拝見!

ローズウッド材
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111144422j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111144610j:plain
清流の流れのような美しい杢ですねぇ。。。

マダガスカルローズウッド材
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111144412j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111150516j:plain
吸い込まれそうなくらい美しい。。。

スプルース材
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161112192123j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111144308j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111144314j:plain
表面に対して垂直に木目が入っているのが良質材の証だそうです。
ギターとして組み上げられてしまったら確認のしようがない箇所ですが、選び抜かれた良質な材のみを使用するこだわりです。

こちらはギターのトップ裏内部の「バインディング」に使用される材なのですが…
これはダメだそうです。一見普通に見えますが、どこがいけないのでしょう...
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111152844j:plain


角度を変えて見てみると、木の節が!
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111142239j:plain
材選びにも一切の妥協を許しません。
流石、地域のクラシックギターサークルの先生方で愛用されている方もいる西野ギターですね!



この場所で、選び抜かれた木材たちが徐々にギターの形になっていくわけですが、
西野ギターでは、ネックのジョイント方式に「スペイン式」を採用しています。
ネックブロックを中心に側板・表裏板を組み上げる伝統的な手工製法により、ボディからヘッド頂点に至るまでのギター全体がと共に振動し、ふくよかな音色を生み出すのが特徴です。
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111140349j:plainf:id:shima_c_shintokorozawa:20161111140355j:plain


――memo――
クラシックギターのネックのジョイント方式にはネックとボディを別に作り、その後接合する「ドイツ式」とネックとボディ内ヒール部を接合する「スペイン式」の2種類があります。ドイツ式は、バランスが良くクリアな音が特徴です。



木材を削るための工具は想像していたほど多くなく、使い慣れたものを長く使っているそうです。
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111142257j:plain
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111142559j:plain
これらの工具を使い、ひとたび西野さんが手を加えると
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111142155j:plain
これが・・・


















f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111142505j:plain
「・・・・!!」




















f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111142200j:plain
こう!!!※※写真は何工程も経た別のギターです※※






島村楽器新所沢パルコ店では、製作途中の
「NR3 スプルース/ローズウッド/650mm」
「NR3 シダー/ローズウッド/650mm」
その場で拝見させていただき、その場で押さえてきました!!

「NR3 スプルース/ローズウッド/650mm」
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111154445j:plain
「NR3 シダー/ローズウッド/650mm」
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111154427j:plain


そして!!本日(11月11日)に早くも入荷致しました!!

「NR3 スプルース/ローズウッド/650mm」
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111200758j:plain

製作家 品番 販売価格(税込み)
西野春平 NR3 スプルース/インディアンローズ/650mm ¥378,000


「NR3 シダー/ローズウッド/650mm」
f:id:shima_c_shintokorozawa:20161111200805j:plain

製作家 品番 販売価格(税込み)
西野春平 NR3 シダー/インディアンローズ/650mm ¥378,000


百聞は一見に如かず!
ということで、ぜひ店頭にお確かめください!( `ー´)ノ


次回は、同じく埼玉に工房を構える、横尾俊佑氏、横尾真人氏の工房へお邪魔してまいります!
こうご期待!

お問合せ

店舗名 TEL 担当 営業時間
新所沢店 04-2998-8255 佐藤 10:00~20:00
もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.