島村楽器 新所沢パルコ店 シマブロ

島村楽器 新所沢パルコ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【スタッフブログVol.2】音楽教室しんとこなう!(仮)受けてみたシリーズ第一弾

二回目の更新、ご挨拶から始まります

こんにちは、当ブログの主人櫻井奈津美です
(どうしても「明石家さんまです」って言いたくなります)。
隔週でお届けする予定のこちら、早速の更新でございます!!
先日このブログを見ていただいた方からお声掛けいただきました♪
お客さんとこちらでの繋がりもできて、うれしい限りです。
涙がちょちょぎれんばかりです…

「受けてみた」シリーズ、待望の第一弾

f:id:shima_c_shintokorozawa:20171031114036j:plain
急に堅苦しい文面になりますが、当店ではたくさんのお教室を開講しています。
私が行っている『大人のためのミュージックサロン』もその一つです。
「受けてみた」シリーズは、当店でお勧めするレッスンの体験をさせていただき、世に広めるコーナーでございます。
記念すべき第一弾は……(ドラムロール)


(ダン!!)
土曜日ヴァイオリン教室です!!!!
(月曜日も稼働して頂いてます)
お教室の概要はこちらから
www.shimamura.co.jp

ヴァイオリンのイメージは皆様色々とお持ちかと思います。
まず楽器が高いとか…敷居が高いとか…高いとか…難しいとか…

今日は私が身をもって体験いたしますので、「思ったより気楽に始められる楽器かも」と思っていただけると幸いです。

まずはご挨拶から

f:id:shima_c_shintokorozawa:20171030145435j:plain
「今日体験させて頂く櫻井です。宜しくお願い致します」
「担当する小澤です。宜しくお願いします」

楽器の構え方から教えて頂きます。

「手を伸ばして手のひらを上に向けてそのまま肘を曲げて指先を上に向けましょう」
その肩と手の上に楽器を置いて頂きました。
正直櫻井、ヴァイオリンを触った事あるんですけど、こんなに持ちやすいとは…!!!
「のせる」という感覚でした。

弓を持ちます

「親指と人差し指、小指の三点で持つようなイメージで、他の指は丸くして添える程度です」
こちらはピアノの鍵盤の構え方と同じような感じなので、イメージがつかみやすかったです。
そして私、小指が短いことで丁度良いポジションに置くことができ、初めて褒められましたヤッタ

ボーイングをしてみましょう

右から2番目の「A線」を弾いてみます。
腕の使い方を先生に見て頂くと、あら不思議。少しキーキー鳴っていた音がきれいにボーイング出来るようになりました!
f:id:shima_c_shintokorozawa:20171030145533j:plain
ザ・真剣

「きらきら星」を弾いてみましょう

なんとなくボーイングがきれいに安定して出来るようになったので、曲に入ります。
「きらきら星」で使う音の押さえる所を確認して、短い小節ごとに弾いていきます。
ギター挫折組の私としては「を押さえる指が痛くなったりしませんか…?」と心の中で思っていましたが、そんな心配もどこ吹く風、音を出すことに集中していました。

先生が用意して下さっていた「ちょうちょう」も弾いてみましょう

「きらきら星」が何となく弾けるようになったところで、もう一曲用意して頂いていた「ちょうちょう」も弾いてみました!
先程の「きらきら星」は二本のだけで演奏できましたが、こちらはもう一本増えて、三本のを使うことに!
なんてことだ!!
f:id:shima_c_shintokorozawa:20171030145544j:plain
おやおやおやおや

また、使用する音のポジションを確認し、弾いてみます。
先程コツがつかめたので、すらすら弾けるようになりました!

ここで30分終了です

ボーイングの仕方、ポジションの押さえ方、などなど基本的なことを教わり、キチンと音が出て曲も演奏できて終わりました。
とっても楽しかったです!!!
最近たまたま「四月は君の嘘」の録画を見ていたので、「このまま習ったら宮園かをりちゃんのように弾けるようになるかしら」などとよぎったものです。
私はギターは弾けないですが、指で絃を押さえて演奏する様子はギターなどの楽器にも似ているのかなと感じました。エレキギターなどを弾く殿方にもヴァイオリンはおススメです!(現に「君嘘」のピアニスト相座武士は、見た目ロックですがクラシックのピアニストですもんね!)ライブ時に持ち替えなどでいかがですか?

とにかく楽しい30分でした。先生もポイントを押さえてコツを教えていただけたので、しっかり理解して先へ進むことができました。ヴァイオリンを触ったことがない方でもすぐに音を出すことができると思います!私もヴァイオリン、始めたくなりました…

小澤先生から一言

よく”ヴァイオリンは敷居が高い””楽器は高いのでは?”等とご質問をいただくのですが、実は皆様が思っているほど敷居が高いものではないんです。
勿論プロを目指すのであれば、良い楽器もお金も努力も知識も時間も沢山必要ですが、それは他の楽器とあまり変わりません。やる気さえあれば、はじめるタイミングに遅い早いはありません!

お一人お一人に合った進め方・レッスン内容を考え、レッスンしていきますので、音楽経験の有無や楽譜が読めない…等、心配する事はありません。
新しい趣味として、お子様の教養の1つとしていかがですか?親子で一緒に!というのも楽しいですよ♪
ぜひ一度、楽器を触りに来てみてください。
体験レッスンでお会いできるのを楽しみにしております♪

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.